ベトナムで働くには

現在、日本で就職していて、これから海外で転職をしたいと考えている人にとって参考になればと思います。

現在の職場から可能性を探す

現在、働いている職場には海外転勤のチャンスがないか確認しましょう。ベトナムに限らず海外では駐在員として赴任することの利点がかなり大きいです。
そのため、現在の職場から可能性を探すことが良いです。上司などに海外赴任の希望を申し入れたり、なんとなく海外に行きたいことを話したり、考えられることをやってみてください。
しかし現時点で、海外に事業所がなくても、業績が良い会社であれば海外進出を視野に入れていることがあります。一度、確認してみると良いです。

海外求人情報サイトで探す

ベトナムを専門とした求人情報サイトは少ないので、海外求人情報サイトからベトナムの仕事が掲載されているサイトへ登録してベトナムの求人情報を探す方法があります。しかし、自分に適した仕事をわかっていれば見つけやすいですが、簡単には適した仕事を見つけにくいので少々ハードルは高い。

人材紹介会社に登録する

ベトナムには多くの日系人材紹介会社があります。進出コンサルティングを兼ねているところや、ベトナムに特化したところなど色々なタイプの人材紹介会社があります。ベトナムの人材紹介会社でオススメなところは、キャリアリンクベトナム、ベトナムワークス、AGSなどになります。人材紹介会社への登録は2社か3社くらいにしておいた方が良いです。

ベトナム現地に行って探す

現地で仕事を探す際のツールは、フリーペーパーになると思います。しかしベトナムのフリーペーパーはタイと違って求人情報はあまり充実しておりません。結局、インターネットや人材紹介会社に頼ることになります。
現地に行った場合の大きな利点は、通常スカイプなどで行われる面接が直接行えるので相手への心象はよくなり採用される可能性が高くなります。

ベトナム現地採用と駐在員の違い

ベトナム現地採用と駐在員の違いについてお話しします。

給料・待遇

現地採用と駐在員の違いで一番わかりやすいのは給料面と待遇面です。
駐在員の場合は、日本水準の給料に加えて海外赴任手当や家賃補助などがつきます。
現地採用の場合は、現地にいる日本人に水準を合わせた給料(現地スタッフの水準よりは高い)が貰えます。役職がつくか、専門的な仕事でない限り、家賃補助などの手当を受け取ることは限りなくゼロに近いです。

勤務時間・業務内容

現地採用と駐在員で勤務時間が違うということを聞いたことがありません。また業務内容もポジションが同じであれば同じです。但し、ベトナムではあまり聞きませんが、現地採用は自分のバイクで移動するが、駐在員は会社が手配したタクシーや運転手付きの車で移動するというところはあるようです。

雇用期間

駐在員の場合は、会社によって異なりますが任期が決まっています。大体3〜5年ですが、中には1年と短いところもあります。
現地採用の場合は、労働契約書の関係上1年ごとに契約更新をする場合もありますが、基本的にはクビになるまではずっと働くことが出来ます。(契約社員として雇用されていれば話は違いますが、2年目を更新すれば正社員になる)

休日の過ごし方

駐在員は、上司がゴルフをしていれば決まってゴルフということもあるようです。現地採用は、ゴルフが好きでない限り、付き合って行ってしまうときりがないため、月に1回とかにする方が賢明です。

関係性

駐在員と現地採用の関係性は役職こそあれで、現地採用が駐在員からこき使われるという話はあまり聞きません。ただゼロではありません。やはり経営者や上司の考え方によるものだと思います。